印鑑は、値段だけで判断してはいけないこともあります

捺印をしている女性

印鑑の効果についてのこと

印鑑と言うのは、とても大事な道具の一つです。風水的に重要視されていることもありますが、実社会でもかなり大事です。あくまで実印の話ではありますが、とにかく強い証拠性がある印になります。日本の印鑑文化は何かと問題視されていることもありますが、意外と助かる制度でもあります。要するに印鑑があれば証明になるからです。但し、この場合は実印の話になります。個人の証明をする方法として印鑑証明がありますが、これは役場に登録しているからこその効力になります。そうでないのであればあくまで印鑑は確認をした、という程度の物になります。
そこにサインが入りますと別ですが、基本的には実印でなくてもそんなにポンポンと捺すのは避けるべきでしょう。但し、例外があります。それが三文判になります。これはかなり効果が薄い印であるといえます。ですから、それこそ実印でないのであれば玄関にすら置いていても大丈夫です。三文判などはほぼ法的な効果がないからです。例えば宅配便などには有効ですから、そうした使い道はあります。要するに印鑑にはそれぞれの使い道があるわけです。実印は最高の価値があり、三文判はほぼ確認の意味しかないです。これは覚えておきましょう。

headline

TOP